--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/21 (Sat) 福の健康診断

そもそも免許を取るいちばんの理由は、引越先で信頼できる獣医さんを見つけどこへでも連れて行けるようにする為。
免許取得後車を手にした今、早く福の健康診断にいかなければ・・・。

そういうわけで、昨日、やっと自分の車で以前に紹介されていた獣医さんに福を連れて行くことができました。
運転は・・・母です。私はちょっと・・・国道を越えて右折がたくさんあるし・・・助手席で、福の入ったキャリーを抱っこ。

福が病院に行くのは約半年ぶり。昨年引越の数日前にワクチン接種に行ったのが最後。
いつものようにキャリーを出すと今まで私のそばにくっついていたのにそそくさと別の部屋へシッポを垂らして逃げ込む福。
追いかけて、キャリーに押し込む。
入れた途端、ものすごい鳴き声。もう、それはそれはすごいんです。
この世の終わりのような鳴き声を延々・・・。
車に乗り込んだところでビビリしょんまでする始末。

ごめんね。そもそもエイズキャリアのお兄ちゃんを家に連れてこなければ1年に1回の通院だけでよかったものを。
福には本当に申し訳ないと思います。
お兄ちゃんとの生活もだいぶ慣れたようだけれど、やっぱりくっつかれるのは嫌みたいで、お兄ちゃんのほうは福に遊んでほしくてそばに行くのだけれど、福はフーっと吹いてお兄ちゃんの頭を猫パンチ!
それで、だいたいその時の2匹の接触は終わってしまいます。
だけど、お兄ちゃんは私が福と一緒に寛いでいると、いつの間にかそばに来ていて、仲間に入れてほしそうで・・・。そんな姿を見ると今度はお兄ちゃんのことが不憫になり・・・。
みんなで仲良くすることは難しいのかしら。せめてお兄ちゃんがキャリアでなければ、私ももうちょっと2匹の距離を縮めるよう手を入れるのだけれど・・・。

ということで、今回の病院は外猫の不妊手術でお世話になっている先生に紹介してもらったところ。
病院に着いて先生にH先生(不妊手術の先生)から紹介してもらったことを話すと、懐かしそうにされていた。
こちらの先生はH先生の病院で3年間修行?をされていたそう。
今後、野良猫の不妊手術をお願いする際、H先生と同じ金額でしていただけることになった。

そして、福のこと。
一番心配だったエイズは陰性で問題ありませんでした。
これにはとりあえず本当に、本当にホッとしました。
先生からは、エイズは一緒に暮らしていれば移る可能性もあるけれど、それは免疫力が落ちているような時が危険。しっかり健康管理をして年に1回血液検査をしてあげるしかないという・・・、そういう話で終わりました。
それ以外、血液検査で分かったこと。
総コレステロールが高い!
福は体重が7.1キロに増えていました。このままだと脂肪肝になる危険性もあるとのこと。
ダイエットして体重管理を徹底しなければいけません。

そうなんです。福は以前から体重過多で、他の病院に行った時も診察台でキャリーから出す時、必ず看護士さんたちに「大きいわね~!」と。
福は他の猫に比べて身長もあると思うから少しくらい体重が重くても大丈夫なのではと思っていたのですが、やっぱりこのままではダメ!
飼い主の考えが甘すぎました。

先生の話だと、福が毎日食べているウォルサムのP/Hコントロールはカロリーが高いそうです。
だけど、難しいのだけれど食べる量を10%減らして約1キロは減らすようにしないといけないと言われました。
頑張らなければ!
まだ4歳なのに、このままではおでぶなオヤジ一直線になってしまう。健康診断に来たことを無駄にしないよう、これからはしっかり健康管理をしていきたいと思います。

そして、家に帰った福。玄関先でキャリーのドアを開けるとそそくさと2階に上が布団にもぐりこんでしまいました。
今日は相当疲れたと思います。でも、行ってよかった!
飼い主の私も気を引き締める事ができたしね。
今度はお兄ちゃんと、外猫ぶうちゃん、みいちゃんも連れて行こう。お金、貯めなければ・・・。


同盟バナー緑枠動画


スポンサーサイト

| trackback(0) | comment(3) |


2007/05/25 (Fri) 雨のち晴れ

まずお兄ちゃんのこと。
ネットでも里親募集を!と言っておきながら、なかなか募集の為のアピールを進められずにいる。
もともと私はいくつかのことを同時に進めていくことが下手。要領が悪いのだ。

そんな私だから、やらなきゃと思いつつも思い通りに事が進まず、それがもどかしく、ちょっと自己嫌悪。
やるべき事はたくさんあるのに・・・。

今の毎日でいちばん大切にしたいのが、母との時間。家にいる間はなるべく母のそばで話相手になるようにしている。
母はシロを亡くしてから、私と顔を合わせる度に、シロの思い出話をする。
シロが亡くなってまだ数日のことなので仕方がないと思う。だから、なるべく母とシロのことを話し、一緒に涙して・・・。
母は生前と変わらずシロの骨壷にご飯を供え、しょっちゅうシロに向かって話しかけているようだ。
母があまりに普通に話しかけているので、台所などで聞いていると、本当にシロはまだ母の部屋で生きているような、そんな錯覚に陥る。
今はこうして、毎日シロの思い出話をして過ごす。
あまりに悲しみすぎると天国のシロが心配するだろうけれど、今はこれでいいと思う。

また、私の教習所通いも一つの山場を越えた。
昨日が仮免終了検定(技能のテスト)だったのだが、何とか合格。
本当はかなりヒヤッとしたのだけれど。
走り終わった後の教官のコメントで、落ちた!と確信したから。だから、合格を聞いて、うそ!って感じ。
だって、私、坂道を下った後、チェンジレバーを「D」から「3」にしたままでずっと走っていたよ!それに、
「スピードが遅すぎ!仮免の試験は路上に出た時に他の車に迷惑をかけず、スムーズに走れるかを判断するのだから」
なんて注意されてしまった!

・・・とにかく合格を貰ったのだから、あとは早く学科もクリアし、来月からは第2段階に入り路上教習、そしてできれば6月中に免許取得といきたいもの。
田舎で動物と生活する為には車が必要!そう思いながらぐずぐずしていて結局シロを他の病院で診てもらうことが叶わなかった。
これ以上ぐずぐずしていられない。

最後に、今日の福とお兄ちゃん。

福は拾ったのが生後2ヶ月くらいだったので、他の猫とほとんど接触がなかったと思う。
だからからか、新参者のお兄ちゃんのこと、すごく気に入らない(!?)様子。

昼間は福が家の中を自由に歩き、夜はお兄ちゃんが自由に歩けるようにしているのだが、私が家にいる時はケンカにならないように注意しつつ、2匹を自由にしている。

とにかくお兄ちゃんは福に興味津々。福のそばに近づこうとする。だけど福は逃げる。そしてたまに福にフーッ!ってされる。
それでもお兄ちゃんは福に近づく。遊んでもらっているとでも思っているのだろうか?

お兄ちゃんはとにかくマイペース。とうとう、父の部屋にまで入り、父の布団のど真ん中で眠るまでに。
父は福のことを
「廂を貸して母屋を乗っ取られたな」なんて言って笑っている。

笑い事ではない!
福はまぁ、ものすごく嫌!というほどではないと思う。だけど、ストレス溜まっていないかどうかが心配。
もしかしたら、もう少ししたら、福もお兄ちゃんに馴れそうな感じもするが・・・。

それにしても、お兄ちゃんはものすごくいい子!
よく食べよく寝てよく遊ぶ。
食べた後は必ずトイレ。2階で遊んでいても1階まで下りてきて、きちんと用を済ます。
そして、遊び飽きたら私たちにぴったりくっついて来て、どうやったらそんな大きな音が出せるのか不思議なくらい、喉をゴロゴロ言わせている。
すっかり人間との生活に慣れている。
愛嬌たっぷり。それにとても美形。
エイズキャリアじゃなかったら・・・。

猫エイズの感染力は弱いという。
だけど、福に感染する可能性が絶対にないとは言い切れない以上、長く一緒に生活してもらうことは、福に対して申し訳ないと思う。
エイズの感染力って、例えば一緒のお皿で食べたら危険とか、体を舐めあったりしたら危険とか・・・。そういうことを聞くけれど、いまいち程度が分からない。先に獣医さんに尋ねてみても、「可能性」とだけで、やはり程度を言葉で表すのは難しいのだそう。それって、もしかして、一緒にいても移らないこともあるということ?
でも、やはり、他頭飼いではなく、病気のことを理解し、お兄ちゃんだけを大切に飼ってくださる方がいれば、一番いいのだ。そのほうが、飼い主も安心して過ごせるわけだし・・・。

今時間が取れれば猫エイズについてネットで検索したり、図書館で猫の病気についての本を借りてきたりしている。
また、いつもブログ上でお世話になっているお狂さま、私がもっと時間をかけて調べなければいけないものを、お狂さまのブログから教わったり・・・。
お狂さま、いつも本当にありがとうございます!

お兄ちゃんのこと、できるだけ私の交友関係で近い方に飼っていただければいいのですが・・・。
今少しずつ当たっているところです。でも、ネットを通して本当に良いご縁があれば・・。

私が動かなければ・・・。
前に進もう!

20070525203848
チャームポイントは額のくっきり「M」。そしてしょぼーんとした表情。猫なのに垂れ目なのね。
20070525202931
福、ちょっとビビッてる?
20070526005454
・・・・・。

同盟バナー緑枠動画







| trackback(0) | comment(4) |


2007/01/05 (Fri) 年が明けて・・・

20070105181132


年も明け、連日ポカポカと素晴らしいお天気が続いている。写真は私を起こしにきた福。高いところから私を見下ろしつつ、外を見つつ・・・。
年末のバタバタで、疲れモードからまだ何となく抜け切れない私とは対照的に、福はこのお天気に負けず絶好調!

一緒に布団に入って寝たかと思ったら、夜中にローカをドタバタ。
あと、階段が楽しいみたいで何度もかけ上ったり下りたり。
ま、いいんですけれど。

引越し先では近所に猫を飼っているお宅が多く、やっぱりまだ放し飼いをしているお宅も。
かと言えば、野良の避妊手術を熱心にされている方もいるよう。
で、うちのお隣さんの猫、夜散歩から帰って家に入りたい時、ずっと玄関先で鳴いている。ドアを開けてくれるまで。
それがまたとても切ない声で「開けてよ~、開けてよ~」って感じ。
それがちょうど私の寝る時間。その声が気になって、気になって。

もし気づかず開けてあげなかったら、あの猫、どうするんだろう?早く開けてやってよ!こっちは気になって寝れやしない。
まぁ、そんなことを思いながらいつの間にか眠ってしまい、朝になっているのだけれど・・・。
そして朝は朝で猫同士の喧嘩(!?)、唸り合いで起こされる。

そんな毎日。決して猫の数が多いわけではないのだけれど、なぜか今まで以上に猫に会う機会が多くなった。その猫も、少し汚れてはいるのだけれど、皆ふくよかで・・・。
あぁ、こういうところでは完全室内飼いを説得するのは難しいだろうな。
都会じゃ、完全室内飼いがかなり浸透しつつあるのに・・・。

引越ししてからまだ数週間。この生活に慣れるだろうか?慣れないような気が・・・。

ということで、ブログのタイトルが「株」関係なのに、今年はまだトレードしていない。研究する時間と余裕がない。
そう、今年は銘柄選びにはじっくり時間をかけて簡単に飛び乗らないように注意をしたい。だから、まだ様子見。焦らず、コツコツを基本に。


同盟バナー緑枠動画





| trackback(0) | comment(4) |


2006/12/25 (Mon) 引越しって超たいへん!

20061224100953
ピアノの職場(?!)のツリー(大きすぎてカメラに収まりきらなかったっ)。毎年同じなんだけれど、ホテル内が全てクリスマスデコレーションされてて、やっぱりステキなんですよね。

ということで、引越しも無事に済み・・・と言いたいところだけれど、引越しして1週間経ったというのに、まだまだ収まりきらないモノたち・・・。
だいたいモノが多すぎる!
もっと身の回りのモノを減らさなければいけないんだけれど、私にはそれがとても苦手!
もっとシンプルに、もっとおしゃれな生活空間を作れないものか・・・。
部屋のレイアウトをああでもない、こうでもないと変更している私を横目に、福はコタツを出たり入ったり・・・。新しい場所にも慣れてきた様子。

引越し当日、午後便でお願いしていたのだけれど、1時過ぎには来てくれるのかと思ったら、午前の引越しが長引いたとかで、業者さんが到着したのが午後3時前。
申し訳ないということで、3人の予定が合計9人も作業に来てくれた。
もちろん家の中はバタバタ!
福はクローゼットの下に逃げ込み、しばらく私たちの様子を見ていた。
そして、いざ私たちも・・・と福の近くにキャリーを持っていくと・・・最初はさすがに入るのを嫌がっていたけれど、でも、でも!

・・・何かを察したのかな?

すぐに自分からキャリーに入りました。
自分も行かなきゃ!っていうことがわかったのかも・・・。
これにはびっくり!
業者さんのトラックに一緒に乗せてもらい、新居(といっても古い家)に着いた時にはあたりはすでに真っ暗!
まずはいつも入っていたコタツをセットしてその中に福を入れました。

新居には黒猫親子3匹と元狩猟犬のおばあちゃん犬シロがいる。
母がみな拾ってきた子たち。
福はものすごく人(猫)見知りするので、住居を1階と2階に分けて生活することにしている。本当はみんなと仲良くしてほしいけれど。
でも、当分はしっかり慣れてくれるまでこれで様子を見ることに・・・。

今年もあと少し。
何だか12月はバタバタと過ぎ、株トレードもほとんどできず、全然「株レッスン」になっていない。

そして、ピアノの仕事もあと1回。しっかり気合を入れてやらなければ・・・。
最近、ピアノの仕事がとても楽しくて、もうちょっと弾いていたかったなって思う時もある。

だけど、演奏自体はまだまだ。自分でもよ~~く分かっている。
もっと上手になりたい・・・というか、これだけ長年やってきたのだからもっと満足した演奏ができていなきゃいけないはず、と焦ってもいる。
せっかくの演奏する場を与えられていることをもっと重く受け止めて、来年はもっともっと精進しなければ・・・。

とにかく前に進むのだ!!


20061225223840
引越し当日。福もこの景色が見納めだということ、分かっていたのかも。
20061225223940
福と初めて出会った場所。保護するまで、毎日このゴミ捨て場で私を待っていた。

同盟バナー犬中動







| trackback(0) | comment(0) |


2006/12/06 (Wed) ヤレヤレのワクチン接種

今日はワクチン接種に行ってきました。
行かなきゃ、行かなきゃ!と思いつつ、なかなか連れて行けず・・・。

何というか・・・。
福は家の外に出るのが大っ嫌い!!
だからキャリーを出した途端、シッポを垂らしてそそくさとコタツの中へ・・・。

無理矢理キャリーに入れ扉を閉めたものなら、そこからすごい鳴き声が続きます。

ギャー!ギャー!ギャー!ギャー!o(>< )o o( ><)o
それはそれはものすごい騒動!!

前回、尿路結石の症状が出て急いで病院に連れて行った時などは、エレベータを待つ間、あまりの鳴き声にエレベータ前のお部屋の方がドアを開けて覗きに来たほど・・・。
病院に着くまで街中で鳴きっぱなしだし、いつかはお漏らしまでしちゃった!

それが分かっているので、私もここ数日いつにするか悩んで、ストレスが・・・。嫌なことをさせている、だけど1年に1回必ず受けさせなきゃ!心を鬼にして・゜ °・(><)・° °

案の定、キャリーに押し込むと、ものすごい鳴き声・・・。
ハイハイ!分かったから!!と、私も1分でも早く自宅に帰って来られるようにダッシュで病院へC= C= C= C=┌( ・_・)┘→→→
疲れました~!!

病院では体重を量り(6.95kg・・・これでも減った!)、口と耳のチェック。特に異常なし。15分もいたかな?
チャッチャっと診てもらい、注射もあっという間に手早く済ませていただきました。

だって相変わらずのことなんですが、診察台でもブルブル震えて私にしがみついている。
ったく、怖くないって言ってるのにヽ(ー_ー )ノ

帰り道は何となく分かるんですよね。もう家に帰るんだってことが・・・。だからキャリーの中ではとっても静か・・・。

そして家に帰ってキャリーの扉を開けると、いそいそとコタツの中へ・・・。

やれやれ・・・。
これで当分は病院に連れて行くことはないだろう。食事管理、これからもきちんとしなきゃ・・・。

さっきコタツから出てきて何かチョコチョコ遊んでいたけれど、今はまたコタツの中で手足を伸ばして丸くなって寝ている。

今日はお疲れだったねぇ~~。ゆっくりおやすみ!!


同盟バナー猫ミニ動


| trackback(0) | comment(4) |


2006/11/21 (Tue) 福のこと<出会い編④>

2003年8月1日の夜9時過ぎ、福はうちにやって来ました。
大きなケージをそのまま移動させたので、家に入る時、すぐに父に見つかり・・・。
案の定、父はすごい剣幕でしたが、同じマンションの姉弟さんが飼いたがっていることを話し、

しばらくの間うちで預かるだけだから・・・

なんてちょっとごまかし・・・。

父のお叱り?!もそこそこに、私はケージを自分の部屋に置いてから、近くのスーパーに走りました。まずは、トイレ砂とご飯とペットシーツを準備しなきゃ!
しばらくは、ケージの中で生活し、だんだん慣れていってもらおう!

ケージは子猫の福には充分身動きが取れるほどの広さだったので、トイレもご飯のお皿もちょうど収まりました。
福は部屋に連れて来られても興奮するわけでもなく食欲もあるようで、よく食べていました。


20061121150134
何考えてるの?

翌朝一番で近所の動物病院へ。
そこで軽く健康チェック!
体重約800グラムの男の子。
保護する前から少し気になっていたのですが、福は何となく息が荒かったんです。たまにくしゃみもしてて、それで広い駐車場の中、福のいる場所が分かったりしてたし・・・。でも、猫についてほとんど知識のなかった私は、福のくしゃみを聞いて
猫も人間と同じでくしゃみをするんだ~~w(°o°)w
なんてちょっと感動したりして(?!)、軽く見ていました。

でも、福は人間でいうインフルエンザのようなものに罹っていて(獣医さん談)、熱も40度ちょっとあり、呼吸も普通の猫より少し荒いと言われてしまいました。また、野良なら当然ということで回虫もいて、ノミもすごかった~~(°◇°;) !
私が思っていたより体がとても弱っていたのです。
そこで、栄養剤やら抗生物質の点滴を打ってもらい、しばらく自宅で飲ませるようにといくつかお薬をいただきました。

悠長に構えていた私は、ビックリしてしまいました。
そして、この後仕事に出かけなければならないのに、福を一人にさせておくことがとても心配になり・・・。
とりあえず、福と一緒に家に帰ってきたものの、福の呼吸の荒さが今まで以上に激しく感じ、気になって再度病院に連れて行きました。

「入院させたほうがいいですか?」

先生は少し考えていましたが、
「家でゆっくりさせてあげたほうがいいと思います」と。

そういうわけで、再び家に連れて帰り、お水もご飯もたっぷり用意して、半日家で留守番してもらうことにしました。


20061121150105
はっと我に返ると、熱い視線を感じる時が・・・。

帰宅後、福は特に病状が悪くなっているふうでもなく、おとなしく留守番ができているようでした。
でも、ケージに掛けていたバスタオルは中から引き摺り下ろしたのか、ケージのそばに落ちていて・・・。
ちょっと外に出てみたかったのかな?(; _ ;)

2日目まではケージの中で生活してもらい、3日目には一部屋自由にさせてみることにしました。8月4日(月)のことです。
朝、外出する時、その部屋のドアを閉めようとしたのですが、私の後を付いてきてちょっと大変でした。
でも、だんだんと元気になってきている(時々発作のような咳を繰り返すことがありましたが)、という感じがすごくありました。

その後、福はどんどん回復し、家の中をまるでずっと前からそこに住んでいたかのように堂々と歩き回り、問題の父親ともあっという間に仲良しになり・・・。

連れてきたことを怒っていた父は、福が来て2日目にはケージの中にいる福に話しかけ、5日目には自分の布団に福を連れて行っていました。
「いつ里親が決まるんだ?」なんて言っていたのに、そのうちだんだんと言わなくなり、私がこっそり呼んでいた名前をいつの間に知ったのか「福!福はどこへ行った?」なんて探し出す始末。


20061121151048
視線の先は寝ている父親。かなり見られています(o・・o)。

こうして福は自然に私たちの家族になりました。

・・・そして今日まで・・・。
コンロの上に飛び乗り、火がよほど珍しかったのか、ジーッと近づいて見ていたばかりに、眉毛がチリチリになったり、床と冷蔵庫の細い隙間に手を突っ込んで自力で抜けられなくなり、家族総出で冷蔵庫を持ち上げ救出したりと、とんでもないいたずらに人間は驚かされてばかり。
でも、いつも何でも許せてしまう!
憎めないヤツ。かわいい子です。

福は、昨年からストルバイトの尿路結石に罹ってしまい、病院で購入したペレットしか食べられません。それがちょっとかわいそうかなと思うのですが、その分、家族の愛情で家猫としての幸せを一杯あげたいと思っています・・・というより本当は・・・・・、

私たちのほうが福からたくさん幸せをもらっているのだけれど・・・(゜-^*)/。                              <おしまい>


20061121151005
名前の通り、うちにたくさんの福がやってきました~♪ d(⌒o⌒)b ♪!!

同盟バナー猫中動




| trackback(0) | comment(4) |


2006/11/19 (Sun) 福のこと<出会い編③>

そして保護当日。
保護前日くらいになると、私がそばでしゃがむと膝の上に両前足を乗せて催促するくらい甘えるようになっていました。また、以前は頭をなでようとすると「フーッ」と威嚇したりしてたのですが、それもなくなり・・・。
なので、「今日はうまくいくかも・・・」と。
ここ数日の様子を見て、私はできることならトラップを使わず、なんとかそのままケージに入ってくれないか・・・と思っていました。
なので、トラップは使わず、まずケージの入口を開け、その中にご飯を入れ、自分から入ってくれないか・・・と。

・・・結果、何の疑いもなく、福はご飯をケージの中に入れて間もなく自分からケージに入ってくれました。こちらが拍子抜けするくらい・・・。
嘘でしょう?このまますぐ入り口を閉めてしまっていいの?閉めちゃうよ~!!と、こちらが躊躇してしまうくらい・・・。
でもせっかくのこのチャンスを逃すわけにはいきません。私は静かに入り口を閉めました。

しばらく福はびっくりして鳴いていましたが、それでも怖がっている様子もなく、そのままエレベータへ。
そして我が家にやってきたのでした。


20061119152129
寝苦しくないのかな?

家に連れて帰ってからは案の定父親はものすごく怒っていました。
でも、里親候補として同じマンションの姉弟さんがいることを話し、しばらくの間だけ家で様子を見るから大丈夫?!と言い聞かせ・・・ゞ( ̄ー ̄ )おいおい。

はっきりと自信がないのですが、恐らく福と出会って、1週間。10日も経っていないと思います。

2003年、ちょうど8月になったばかりの夜9時過ぎのことでした。


20061119160041
なんかちょっと偉そうなんですけど・・・。

・・・・・福がまだ外にいた頃のことで今、いちばん思い出すことは・・・・・
ちくわを食べて少しお腹が膨らんだら、止めてある車のタイヤと車体の隙間に入り込み、そこでしばらく鳴いているのですが、だんだん声が小さくなっていく(・・・きっと眠くなってそのままその隙間で寝ようとしていたのだと思うのですが・・・)、そういった姿です。
姿といっても狭いところに入り込んでしまっているので私自身は見ることができないのですが、だんだんと声が小さくなってそのうち声が聞こえなくなって・・・。
当の本人はご飯も貰えたしってことで気持ちよくなっていたのかもしれませんが、こちらとしては、タイヤと車体の間に入り込んで眠りこけ、もし車の持ち主が来て車を動かすようなことになったら・・・なんて考えると怖くて、当時はなかなかその車から離れることができませんでした。
<続く>


20061119162012
だっこ大好き!

同盟バナーご協力を白長





| trackback(0) | comment(6) |


2006/11/19 (Sun) 福のこと<出会い編②>

明朝、駐車場を覗いてみましたが福はいませんでした。
もしかして福は無事にお母さん猫か兄弟猫に会うことができたのかもしれない。
それならそれでいいのだけれど・・・。

しばらくあたりを探してみて、見つけられなかったので、また昨日と同じ時間に覗きに来ることを決め、その日は過ごしました。

そして、夜暗くなってから様子を見に行くと・・・。

いました~~(=^0^=)/。


20061119125318
2003年8月13日の福。この頃は体が小さくって部屋のいろんなところに潜り込んで探検したりいたずらしたり・・・。


どこからともなくニャーニャーと鳴き声が。
探してみると、駐車場のすぐ脇のゴミ捨て場のポリバケツの影からこっちを見ています。
近づこうとすると逃げてしまう。でもいなくなると鳴いて人を呼ぶ。

この日もちくわをちぎって与えました。そうして馴らして少しずつ距離を縮めようとしました。

福の存在に気づいて確か3日を過ぎた頃の晩、隣のマンションとそのまた隣のマンションの隙間にしゃがみこんで様子を伺っている男女二人がいました。
とっさにあの子猫がいるんだと思いました。
この男女は姉弟で、実は私と同じマンションの住人でした。
「茶トラの子猫でしょ」と私。
お姉さんのほうはなんと、今まさに素手で子猫を捕まえようとしていました!!でも、失敗!!
そのうち子猫は、隣のマンションのプレハブの下に潜り込んだので、皆でダンボールで捕まえようとしました。
でも、やっぱりこの方法では無理なよう。

それで、私もつい最近、同じように捕まえようとして失敗したこと、今少し餌を与えて馴らそうとしていることを話し、
お互いどちらかが捕まえられたら連絡しましょうということで別れました。

ちょうどこの姉弟さんと出会った頃、私は以前半日だけお手伝いしたことのある動物ボランティアのグループの方に子猫の保護の仕方を相談していました。そこは同じ沿線の電車で20分くらい田舎に行ったところ。
その方にはトラップを使ったほうがいいよと教えられていたので、近々トラップをお借りしにいくことになっていました。

そして、トラップを借りに行った日、トラップと一緒に大きめのケージもお借りすることになりました。
もしトラップで捕まえた時、しばらく家の環境に慣れる為にケージの中で様子を見るようにとのことで、ご親切に綺麗なケージまで貸してくださったのです。

トラップを借りるまでの間、1日中大雨が降る日がありました。
また、子猫はうちのマンションの駐車場にいるだけでなく、いくつか先のマンション辺りまで移動していることも知りました。
どうやら私からご飯を貰うと別の落ち着く場所まで移動しているようで、危険が多く、私としては気が気ではありませんでした。
そして、何日か過ぎ・・・。


20061119130123
         なんという寝相(≧∇≦)!! あっという間に家の中にも慣れてしまいました。

私が、そろそろ保護してみよう!と決めたのは、その日、いつものようにちくわなどのご飯を与えていると、福がもっともっと!と私の膝の上に前足を乗せて催促するようになったからです。体を撫でても逃げなくなり、これなら何とか保護できそうだ、と。
まだ、早いかな? でも、一か八か明日やってみよう!

トラップもあったのですが、私は一緒にお借りしていたケージで保護しようと決めました。
たぶん、今のこの子ならトラップなんか使わなくてもすんなりケージに入ってくれるのでは・・・。
そうして明日を待ちました。
<続く>


同盟バナー知っていますか白長動




| trackback(0) | comment(0) |


2006/11/18 (Sat) 福のこと<出会い編①>

私の大切な家族の一員。今日は福との出会いについて。

福は茶トラの男の子。2003年の8月1日に我が家にやって来ました。

今から3年前の7月下旬の(はっきりと覚えていない・・・)夜9時頃、住んでいるマンションの駐車場にたった1匹、ものすごく大きな声で鳴いている小さな猫を見つけました。
野良の迷い猫なのかそれとも誰かに捨てられたのか、それは今でも分かりません。
だけど、当時は瞬時に、まず保護しなきゃ!と思いました。猫なんて飼ったこともなかったのに・・・。

20061118214223
まだデジカメがなかったので携帯で撮った初めての写真。ボケボケ(^ ^;)ゞ


だけど、こんな小さい猫が駐車場にたった1匹でいるのはものすごく危険。駐車場の中もそうだし、ここは一歩駐車場を出たら大通り。きっとすぐ事故にあって死んでしまう。

すぐに家に帰って冷蔵庫にあったちくわを取り出し、子猫に与えて馴らして何とか家の中に連れてこれないかやってみまることにしました。
急いで子猫の所に戻ってちくわを小さくちぎって地面に置いてやると、食べる!食べる!よほどお腹がすいていたのか、もっともっと!という感じで近づいてきます。その時にまずはそっと頭を撫でてどう反応するか見てみました。だけど、ササっと逃げてしまう。触られるのは嫌!!らしい( ̄-  ̄ ) ンー

じゃあ次の手!ということで、隣のコンビニで段ボール箱を貰いそれで捕まえようとしたのですが、それもスルリと抜け出してしまう。
そのうち、子猫の大きな鳴き声でマンションの管理人さんも出てきました。でもこの管理人さん、「猫?明日保健所に連絡しますよ」と一言。
何言ってんの、このおっさん(●`ε´●) !
私は
「私が捕まえるので、しばらく放っておいてください」ときっぱり言い放ち、再びチャレンジしてみました。
しばらく私の行動を見ていた管理人さんもそのうち部屋に帰っていき・・・。

その姿を横目に、私は何度かダンボールで捕まえようとトライし続けました。でも、なかなかうまくいかず。
そのうちに、いきなりすぐは無理なのでは?ということが分かってきました。

ということで、その日はちくわを多めにちぎって駐車場の目立たないところに置き、部屋に帰ることにしました。

でも、部屋に帰ってからも気になって気になって・・・。

駐車場の中にいてくれればまだ安心なのだけれど、もし、外に出てしまったらもう会えないかもしれない。
どうしても捕まえたい!!
今まで外で見かけた猫に対してこのような感情になったのは初めてでした。

明日同じ場所にいたら、またトライしてみよう。そして、無事捕まえることができたら・・・。

うちのマンションはペット可で、エレベータに乗ると、犬やら猫やら、フェレットやら・・・いろんな動物を連れた家族の方と一緒になります。だからマンション自体問題ないのです。
でも、問題はうちの家族、とくに父親です。
動物が嫌いなわけではないのです。その逆で、うちの家族はみな動物好き。
以前あるきっかけでジャンがリアンハムスターを飼ったことがあるのですが、そのハムスターが亡くなった時などはもう・・・(~_~;)
父も母も家族全員、亡骸を手のひらに乗せ涙涙でお別れをしたくらい。
だから、動物は嫌いなのではなくて

動物を飼うといつか来る別れが辛いから

今後は飼ってはダメだというのです。

そういう家なので、もし、捕まえたら・・・父親を説得させるにはどうすればいいのか、そのことも頭をよぎりました。
でも、そんなことより、

あの子猫、このままにはしておけない!

捕まえることができたら・・・その先のことはその時考えよう。

今思えば、この出会いははじめから決まっていたのでしょう。ご縁だったのですね。

結局、福を無事保護したのは発見してから約1週間。
毎日お互い顔を合わせていると福も少しは私のことを信頼してくれたのか、ケージを持っていくと、なんと、自分からすんなりケージに入ってくれたのでした。
<続く>

20061118215346
こんなふうに全身で「ご飯ちょうだい!」って・・・(=^_^=)

同盟バナー猫ミニ動

| trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

Author:moonriver29
ホテル等でピアノ演奏の仕事をしています。
猫と暮らすようになって4年。一緒に暮らすことでたくさんのことに気づき、自分の世界が広がりました。
暑いの苦手!ゆる~い(!?)ベジタリアンでもあります。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

星が見える名言集100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。