--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/31 (Mon) みいちゃんも風邪ひいちゃった

ぶうちゃんの風邪がよくなりつつあったある日、
いつも綺麗な顔をしているみいちゃんが涙と鼻水を流していることに気づいた。

ぶうちゃんの風邪が移ったなあ~。

ぶうちゃんの薬が残っていたので、それをご飯に混ぜて飲ませる。
だけど、みいちゃんはぶうちゃんと違って繊細(?!)な猫なので、
薬の臭いが気になるなのか、なかなか食べてくれない。
いろいろ試して、a/d缶やデビフの子猫用の缶詰をレンジで温め、
薬の臭いを消せば何とか食べてくれることがわかり、この調子で数日様子を見ることに。
だけど、よくなる気配はない。
おまけに、最近コグ(小黒)がぶうちゃんたちの場所に常にいるようになり、
コグがみいちゃんを追い出すような、いじめるような行動をすることがあり、
そのことでストレスを感じたせいもあるのか、いつもいる場所にいなかったり、ご飯(薬)の時間になっても来なかったり・・・。
2日会えないこともあり、心配になって、朝晩近所を探してはやっと姿を見つけるような日が続いた。

そして、12月半ばの寒い日。広場で風に吹かれながらポツンと一人でいるみいちゃん。
そばに行くと、鼻がすっかり詰まって口で苦しそうに呼吸をしている。

「もうダメだ!」

咄嗟に、以前シロがお世話になっていた獣医さんに連れて行った。
そこは広場の前の大通りを越えた目の前。歩いて15秒!
普段から体を撫でられたりするのがちょっと苦手なみいちゃんだったが、この時ばかりは、私が

「病院に行くよ!」

と抱きかかえると、抵抗することもなく、か弱く

「にゃあ~」

と一声。

よほど体が辛いんだ。もっと早く決断すればよかった!

そんなことを思いながら、もしみいちゃんが暴れて腕から落とすようなことがあると大変なので、
ドキドキしながら抱きかかえ、 病院に駆け込んだ。

そして、先生が軽く診察。すぐに、

「風邪だな~。熱もあるよ、きっと」(相変わらず何も検査しない先生だなあ)。

抗生物質ともう1つ、合計2種類の注射をしてもらい、シロが飲んでいたのと同じ薬をもらい、元の広場に戻ってきた。
みいちゃん、病院ではよほど注射がイヤだったようで、にゃあ~にゃあ~小さな声で抵抗。
やっと見慣れた場所に戻ってこられてホッとしたようだった。

その夜から、みいちゃんはいつもどおり自分の場所にいるようになった。様子を見に行くと、静かに自分のハウスで丸くなって寝ている。

そして・・・・・。
注射をしてもらってから1週間が経ったか経たないかの頃、
だんだんとみいちゃんの目の力が強くなってきた。
まず、涙が出なくなり、鼻水の量も減ったような・・・。
何より、私を見つけた時の駆け寄ってくる姿から徐々に回復していることがわかった。

よかった!!
これでもう大丈夫だ!!

今までぶうちゃんのことばかり気にしていて、みいちゃんはいつも楚々としているし、ぶうちゃんよりは若いので、健康のこと、あまり考えてあげられなかった。
だけど、みいちゃんだって、いつ何があるかわからない。 これからはもっとしっかり見てあげなきゃ。

・・・・・ふと、思う。ぶうちゃんやみいちゃん、コグなどは私を信頼して、
少しは気を許して近づいて来てくれる。
だから、今回のような時、病院に行って注射をしてもらって、すぐに楽になることができる。
だけど、他の、人が怖くて信じられない多くの外猫たちは・・・。

外猫の多くは猫風邪(鼻気管炎)に罹っているという。
そういう子たちは熱があっても鼻が詰まってても、ずっと外で一人で我慢しなければいけないんだ! 今のような寒空の中でも・・・。

どうすることもできないけれど、やっぱり不公平だと思う。
そう思いながら助けてあげられない自分がもどかしい。

今年も今日で最後。
いっぱいやり残したことがあるような・・・。

まだまだ、コグの子猫たちの問題もあるし、勤務先近くでIさんと一緒にお世話している猫さんたちのこともある。

最近いつも考える。
助けたい猫と出会った時、誰にも何も言わせず、躊躇することなく、
堂々と助けられる自分でいたい。
その為には、生活面でも、そして何より精神面でもいつも潤いを持っていなければならないと思う。
来年は少しでもそれに近づけるよう頑張る!


20071231190828
横取り!
みいちゃんの薬入り缶詰を横取りしてるぶうちゃん。 この後、すぐ取り返しました。
最近のみいちゃんは、具合が悪かった時にもらえたa/d缶やデビフ子猫缶じゃないことにちょっと不満気味。
でも、食欲もあるし、すっかり元通りの綺麗な顔になりました。

同盟バナー知っていますかピンク長動





スポンサーサイト

動物 | trackback(0) | comment(6) |


2007/12/31 (Mon) さよなら、ちいちゃん

自宅から駅に向かうまでにある居酒屋さんがお世話していた
三毛猫ばあちゃん、ちいちゃんが天国へ旅立った。
昨日、居酒屋の女性がちょうど看板を出そうとしているところに出くわし、
ちいちゃんのことを聞いたのだ。

何となくそんな気がしていた。
お店の前を通っても、いつからかちいちゃんの姿を全く見なくなったから。
まさか亡くなってしまったの?
いやいや、寒くなったからお家の中に入れてもらっているのでは?

などと考え、それでも、大切にお世話されていることはお話を聞いてわかっていたので、
わざわざどうですか?なんて、 お店まで押しかけて聞きに行くのは止めようと決めていた。
でも、昨日はやっと偶然にその方と出会い、話を聞くことができたのだ。

ああ、やはりそうだったのね・・・・・。

聞くと、その女性とちいちゃんのことを立ち話をしたのは2ヶ月前。
あの日から数日後、急に食欲がなくなり、私がプレゼントしたお気に入りのはずの a/d缶も食べなくなり、心配になって家の中でお世話することにしたそう。
家の中では家事をする以外はほとんど膝に抱っこ。
ちいちゃんも離れると、鳴いてその方のことを呼び、ほとんど離れることなく過ごしたそう。
たまにミルクを飲むくらいで、ほとんど食べず。
最期の時を感じた時、もうお別れだね、そう声をかけ、膝の上で静かに息を引き取ったそう。

本当に静かに安らかに、息を引き取ったんですよ。

女性は続けて

あの子は今年の春、いつも一緒にいたお母さんを交通事故で亡くしてから、性格がコロッと変わり、 人に甘えることなど全くなかったのに、私に甘えてくるようになった。
本当にビックリするくらい変わりました。
ずっと一緒にいたお母さんがいなくなってすごく淋しくて、そういうこともあったんでしょうね。
もともとおばあちゃんだったけれど、一人になってしまったことでつらかったんでしょうねぇ。

そう、猫だって一緒に過ごせばどれだけ感受性が豊かであるかがわかる。
人間と同じように体温があって温かくて、喜怒哀楽の表現も豊か。
それは犬だって、牛や豚、鶏だって、皆同じだろう。

それにしても、どうして、命が消えることがこんなにも悲しいんだろう。
ちいちゃんとはほんの数ヶ月、それも見かけた時だけのお付き合いだった。
お世話している方がいることが分かって、じゃあ、私はもうこれ以上近づくことは止めよう、
そう思って、 会えたらなんだかラッキーな気分になる感じの距離。
それが、もう会えない。
命あるものはいつか尽きる。分かっていても、やっぱり淋しい。

ちいちゃん、これでもう大好きなお母さんとずっと一緒にいられるね。
今頃ベッタリお母さんに甘えているかな。
またいつか会えたらいいなあ、なんて。
ちいちゃん、どうぞ安らかに。


同盟バナー緑枠動画


動物 | trackback(0) | comment(2) |


2007/12/15 (Sat) ぶうちゃん、病院に行く

少し前からぶうちゃんが風邪っぽいので、先週、病院に連れて行ってきた。
寒さのせいか、常に鼻水と涙を流し、ちょっとだるそう。
食欲はあるのだが、食べたらすぐハウスに戻って眠ろうとする。

もともと肥満ぶりが気になってて、近々病院に健康診断に行きたいと思っていたところだった。
ぶうちゃんはエイズキャリアなので、ここまで症状が出ているとかなり心配。

ということで、以前保護する時に使ったキャリーを準備したのだが、中に入れるのがかなり大変だった。
なんだか以前よりぎゅうぎゅう!
やっぱり太ったよね~。

そして、何とかキャリーに押し込んで病院へ。ぶうちゃん、車の中でじっと静かにしている。ほんと、いい子!
そして、病院に着き、診察台に乗せ、体重を計ると・・・・・。

なんと9.9キロ!!

先生も看護士さんも、そして、私もビックリ!!
先生は、

たまにテレビ番組で家猫の肥満ぶりを紹介しているけれど、
外猫でここまで太った大きな猫は滅多にいない。
うちの病院に診察に来たことがある猫の中でも№1かも!

と。

顔や手の骨格も他の猫より大きいから、少し体重があってもやむを得ないのだけれど、
このままでは病気になってしまう。

そう、ぶうちゃんたちは近所の人たちの人気者なのです。私以外にも近所の方がご飯を与えて下さっています。
また、ぶうちゃんのハウスの近くには評判の和菓子屋さんがあり、そこに来るお客さんもぶうちゃんたちの姿を見つけるとついつい 近づいていく。
ぶうちゃんも人懐っこいので(一応安全な人かどうか見極めているようだが)、されるがまま。
そして、私が訪ねた時にはお皿には私が用意した以外のペレットなどが入れられていたり・・・。

幸い、血液検査の結果は、ほぼ問題なしだったのでよかったが(これもまた驚いたのだけれど)、
これから真剣にダイエットをしなければ!

何とか、他の餌やりさんとお話して、ご飯の量を減らしてあげてください。
それにしても、あなた、確かに愛嬌のある顔だわ~!
と先生。
ぶうちゃん、撫でられるがまま。でも、ちょっと不機嫌そうな顔をしてました。

でも、でも、笑っている場合じゃないよね。
これからどうやってダイエットさせよう・・・。
ぶうちゃんのお皿のご飯の量を減らしたところで、みいちゃんや小黒のお皿の分を食べてしまうのは今まで当たり前のことだったし。
常に食欲旺盛な子なので、難しいです。


20071215003056
いつも、むむむっって感じで通りを眺めています。


同盟バナー知っていますか白長動






未分類 | trackback(0) | comment(5) |


2007/12/03 (Mon) 最近の小黒

ぶうちゃんたちのところに時々やって来る小黒。
最近は毎日・・・というか常にぶうちゃんの場所にいます。
そして、私が来ると、ご飯もそこそこに、しゃがんでいる私の膝の上に乗ろうとします。
乗ってしまうと最後、しばらく喉を鳴らし寝てしまうのです。

どう考えても誰かに飼われていたでしょう。
膝の上で眠られてしまうと、振り切ってその場所を離れることもできず・・・。

自転車でその場から自宅に帰ろうとする時は、鳴きながら全速力で走ってくるのです。
こんな子は初めて。
健気で、本当にどうにかしてあげたいと思います。

実は少し前、Iさんから、猫を飼ってもいいという同僚がいるという話を聞きました。
今すでに1匹飼っているのだけれど、全く飼い主に馴れてくれなくて、もう1匹人懐っこい猫がほしい、と。
その方は、もう1匹来たら、今懐かない猫も少しは心を開いてくれて2匹で楽しくやってくれたらいい、という考えだったそうで、
それならぜひ小黒を!と話を詰めていたのですが、結局話は流れました。
というか、私の中で引っ掛かることがいくつかあり、断念したのです。

その理由は・・・他の方が知ると、神経質すぎると思われるのでしょうか・・・。
どうなのでしょう。

その方は彼氏と同棲中で、マンションに二人と猫との暮らし。二人とも仕事を持っていて家にいる時間が少ない。
そして、身分証明できるものがない(例えば健康保険に加入していない)・・・。

私としては、小黒の飼い主になっていただくなら、きちんとその方のお宅に小黒を引き渡しに行って、誓約書へのサインと身分証明書のコピーなどもいただきたいと思っていました。
そのことを、Iさんを通して、そこまで対応していただけるかどうか先方に聞いたところ、返事を渋ったそうで・・・。

もともと小黒は田舎で、外を自由に歩き回れていたと想像しているのですが、そんな子が、いくらこれから家の中で暮らせるとはいえ、 都内のマンションの留守がちのお宅に迎えられるのはどうだろう?と。

そんなことを言ったら今すでに飼われている懐かない猫がかわいそうなのですが、なんというか、小黒にとってのチャンスなのに、 話を前に進めることができませんでした。

小黒の場合、もっと近場に・・・。今のこの環境にできるだけ近い生活を・・・。
それか、このままぶうちゃんやみいちゃんと一緒に仲良く今の場所で過ごしてくれても・・・。
今はそんなふうに思っています。

幸いぶうちゃんたちの近所の方々は、小黒にもご飯をあげてくれたり、静かに見守ってくれているようです。
ぶうちゃんたちも小黒のことを嫌うことなく・・・。
立ち話をする人には、小黒のこと、誰か飼ってくれる人がいないか声をかけているのですが・・・。

これはここの土地柄だからできることだと思います。
私の勤務先、Iさんの家の近くならそんなこと言ってられないでしょう。

最近小黒に首輪を着けました。
オレンジで車のライトに当たると光る、どこかに引っかかってもすぐに外せるようになっているセイフティ首輪。
体が黒いので車の運転手に少しでも気づいてもらえるように・・・。
小黒は特に嫌うこともなく毎日着けています。

さらに、寒くなってきて、ぶうちゃんハウスを占領(!)するようになり、ぶうちゃんの寝る場所がなくなってしまったので、 発泡スチロールでハウスを作り持って行きました。
今朝見ると、ぶうちゃんハウスには小黒が、発泡スチロールのハウスにはぶうちゃんが、もう1つ、すぐ隣のお宅に置かれているハウスには みいちゃん。
しばらく、このまま穏やかにみんなが過ごしてくれれば・・・・。
みんな、車にだけは気をつけてね!


20071203223742



同盟バナー猫中動





動物 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

moonriver29

Author:moonriver29
ホテル等でピアノ演奏の仕事をしています。
猫と暮らすようになって4年。一緒に暮らすことでたくさんのことに気づき、自分の世界が広がりました。
暑いの苦手!ゆる~い(!?)ベジタリアンでもあります。

カレンダー

11 | 2007/12 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

星が見える名言集100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。