--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/09 (Fri) 迷子の子猫との出会い

ちょうど1週間前、職場近くの公園にいつものようにちいちゃん家族のお世話に行くと・・・。
どこかからかミャオン!ミャオン!という、聞き慣れない声。
でも、わかる!明らかに母猫を呼ぶ子猫の声。

Iさんにメールしてみる。
すると、Iさん、3日前からこの鳴き声に気づいていて、1日に何度も餌を持って子猫の姿を探しに行っていたそう。

で、1回だけその姿を確認。
茶トラの小さな子猫。
手のひらサイズだったよ!とIさん。
ちょうど旦那さんと一緒だったそうだが、旦那さんには日頃から、もうこれ以上猫を飼ってはいけないと、厳しく言われていたそうだが、
その姿を見た旦那さんも、

「これは早くしないとまずいかも」と。

今回のことは私には話さず、何とかIさんだけで保護しようと思っていたそうで、子猫がいた場所に子猫用の餌を置いて
少しでも馴れさせようとしていたそう。だけど、絶対に餌を食べなかったそう。

そして、その話をした当日。
私も子猫に遭遇。

それは、すぐ近くで大声で鳴いているけれど絶対に姿を見せない。余程怯えているのか・・・。
Iさんのマンションの向かい側、ブロック塀の向こうから?
いけないと思いつつ、ブロック塀に手をかけ、よじ登ってみる。

いた!本当に小さい!!
初めて出会った時の福よりも・・・。

気になるのが毛並みの悪さ、ボサボサで目の周りもちょっと汚れている。

その顔で私の顔を見上げ必死に鳴いている。でも私が少しでも動くと後ずさりして逃げようとする・・・逃げてしまった!!

追いかけたいけれど高いブロック塀の向こう、知らないマンションの敷地内。
これ以上はどうしようもない。

その日はどうすることもできなかった。

しかし、Iさんはその日の夜も鳴き声が聞こえると、夜中であろうと即外に出て、子猫の姿を探したそう。
不思議なことに、Iさんが気づかないでいても、家にいる元外猫ちゃんが、Iさんに鳴いて教えてくれるのだとか。

私もできる限り様子を見に行く。
でも、私がその子を見た翌朝に鳴き声を確認してから、プッツリと鳴き声が聞こえなくなった。
ちょうど私が仕事が休みで用があって様子を見にいけなかった日。

それから今日まで、ほぼ毎日耳を澄まして近所を歩く。だけど、出会えない。

昨日、500メートル位離れた道路を隔てた公園に、茶トラが多くいることに気づく。
もしかして、ここからはぐれてしまった?
なら、自力でこの公園に戻ったということはないかしら?
Iさんと一緒に探してみるが、いない。

もう死んでしまったの?
それともお母さんと出会えた?

たぶん・・・。私もIさんも希望的な推測はできない。
夜雨が降る日もあった。気温もだんだん低くなってきてた。
もし、母猫に出会えていたら、それはきっと奇跡だろう。

ここ1週間本当に気分が滅入る。
たった1匹で、あの子は数日どんなに怯えながら母猫を探したのだろうかと考えると胸が詰まる。
初めて見つけた時、何としても捕まえるべきだった。でもどうやって?トラップもなくあんなに怯えている子に近づくことはできない。

結局・・・産ませちゃダメなんだね。絶対産ませちゃダメだ。
あの姿を2度と見たくないのなら・・・。

しばらく不妊の為の手術の保護は控えていた。
やっぱり外猫をトラップで保護するのってすごいエネルギーがいる。
前回は勢いをつけ頑張って保護したけれど、最近はちょっと気持ちが前に進まなかった。

だけど・・・。
少しずつでも手術を受けてもらおう。それは自分の為。

寒くなる前に、近々Iさんと一緒にある猫を保護する。
Iさんは今まで近くの愛護グループから借りていたが、トラップ購入の申込みをした。
私も、近所の気になる猫さんに、手術を受けてもらうことにする。


同盟バナー緑枠動画








スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(5) |


<<久々の外猫の保護<ミケちゃん> | TOP | ミケばあちゃんはちいちゃん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

辛いですね。。。。
子猫の気持ちを考えると本当に辛い。。。。
すべての子を幸せにしてあげたいけど、今こうしているときも暖かさを求めて鳴き続けている子がいるのだろう。。。と思うとたまらなくなりますね。

私は、トラップは簡単に手に入るものではないと思い込み、愛護団体に捕獲の協力をお願いしていたのですが、ホームセンターで簡単に買えると聞きました。本当かどうかはわかりませんが、愛護団体の人が言っていました。

月子さん、お体に気をつけて、がんばって。。。!

2007/11/09 23:56 | ねこつかい [ 編集 ]


 

最近ではホームセンターでも売っていないとききましたけどなあ。
売っているところがあるのか。
確かにトラップは気持ちが重たいですよね。
でも、おそらく手術後に解放したときには、
安堵するのではないでしょうか?
仔猫の鳴き声は本当にトラウマになりますよ。
それだけ切羽詰った感じがします。
保護しようとしても保護できないというのが、
これまたつらい。
このつらさから解放されるためのTNRであってほしいです。

2007/11/11 01:33 | お狂 [ 編集 ]


 

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/miinnpro/?mode=edit&

2007/11/11 13:29 | みんな の プロフィール
[ 編集 ]


ねこつかいさま 

ありがとうございます。
その後やはり子猫の鳴き声は全く聞こえず。
一目一瞬でしたがその姿を見てしまったので、今でも忘れられず、辛いですね。
トラップ、私たちの場合は、いつもお借りしている愛護グループで購入するか、または動物病院で購入するか・・・。
どちらにしても1ヶ月待ちとのことでした。
私もIさんと同じように、いざという時(?!)の為に手元に置いておいたほうがいいのかもと思っています。

2007/11/12 01:01 | 月子 [ 編集 ]


お狂さま 

トラップなんて、その猫にとってはとんでもないものすごい恐怖でしょうね。
でも1度きり!とこればかりは猫さんにお願いしなくては。
保護する側の気持ちもわかってくれたらなあ、って・・・無理ですよね。
でも・・・ついこの前近所の量販店で猫缶コーナーで立ち話をしたおば様。
たくさんの外猫のお世話をし、皆不妊手術をしたのだとか。
そういうのをたまたま出会った方に聞くと・・・進むしかないでしね。

2007/11/12 01:07 | 月子 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://moonriver29.blog79.fc2.com/tb.php/149-8134c030

| TOP |

プロフィール

moonriver29

Author:moonriver29
ホテル等でピアノ演奏の仕事をしています。
猫と暮らすようになって4年。一緒に暮らすことでたくさんのことに気づき、自分の世界が広がりました。
暑いの苦手!ゆる~い(!?)ベジタリアンでもあります。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

星が見える名言集100

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。